イタリアのエコオーガニックシャンプーHC+Proのオフィシャルブログです。


by hcpluspro

オーガニックシャンプーをもっと快適に① 泡立ちの悪さ対策

そろそろ九州や四国のあたりでは桜が咲き始めているようですね。
東京ももう少しするとお花見シーズン!と思いきや、井の頭公園や上野公園などの公園では貼り紙やHP上で宴会の自粛が呼び掛けられているそうです。
分からないでもないですがちょっとさみしいですよね。。。

話は変わって、4月10日には東京都の都知事選がありますが、こちらも選挙の日が迫っているとは思えないほど静かで、選挙カーも街頭演説も見かけません。各立候補者の方が自粛されているそうですね。
露出によるアピールが選挙活動の選択肢から外れている今、どのように有権者へアプローチするのか気になるところです。

それではそろそろ今日の本題に入りましょう。
今日のテーマは「オーガニックシャンプーをより快適に使うための豆知識」でお送りします(美容師さんやコスメ好きの方、オーガニックシャンプーをもう既に使い慣れている方にはちょっともの足りない内容かもしれません)。今回はその第1弾です。

オーガニックコスメの特集がいろんな雑誌で組まれ、シャンプーでもノンシリコンなどのキーワードが言われるようになり、こうした流れからオーガニックシャンプーに興味をお持ちの方、また実際に使ってみたという方は多いのではないかと思います。

オーガニックシャンプーには、

・さっぱり、すっきりとした洗い上がり
・根元から髪が立ち上がる感覚
・泡切れがいい

などなどいいところがたくさんあるのですが、一方で「使いにくい」というお声もよく聞かれます。
中でも断トツで多いのは

・泡立ちが悪い
・きしむ

この2つです。
今回は、このうち「泡立ちが悪い」という点についての対処法をご紹介します。

オーガニックシャンプーは、泡立ちのいい石油系の洗浄成分を使用していないものがほとんどですので、一般的なシャンプーに比べると泡立ちがいまいちと感じられることと思います。もちろんその分髪や頭皮への刺激が少ない洗浄成分を使ってはいるのですが、だからといってあまりに泡立たないのも困ってしまいますよね。

市販のシャンプーと全く同じように泡立たせることは難しいですが、ちょっとしたポイントに気をつけるだけで使い心地に差が出てきます。


1. 洗髪前にはブラッシングを
洗髪前にブラッシングをすることで、髪についたホコリや汚れを落とし、頭皮の汚れを浮かせてあげることができます。
また、特に髪の長い方は、ブラッシングして髪のもつれをとってあげることで、シャンプー時に髪にかかる負荷を減らすことができるという点でもおすすめです

2. シャンプーをつける前にお湯でしっかり洗う
頭をささっと濡らしてはいシャンプー、なんてことしていませんか?

たかがお湯洗い、されどお湯洗い。
髪の汚れはこの洗いだけで70%ほどが落ちます。
そしてここでしっかりと髪の汚れを落としてあげるとシャンプーをする時に泡立ちがかなり違ってきます。
逆にここできちんと洗っておかないと、シャンプーの洗浄成分がその汚れを落とす方で力尽きてしまい、それが泡立たない原因となるのです。
シャンプーをする前に、1分くらいはお湯で洗ってあげましょう。


いかがですか?
ちょっとしたことなのですが、すぐにできることですよね。
いつものシャンプーより少し気をつけるだけで、快適さが全く違ってきます。
「オーガニックシャンプーを使ってるけどなーんか泡が…」という方はぜひ一度試してみてくださいね。

次回に続く。
[PR]
by hcpluspro | 2011-03-29 15:00 | シャンプーの話