イタリアのエコオーガニックシャンプーHC+Proのオフィシャルブログです。


by hcpluspro

入浴できない時の洗髪方法について

皆様こんにちは。

この度の東北地方太平洋沖地震の被害を受けられました皆様におきましては、心よりお見舞いを申し上げますと共に、一刻も早い復興をお祈り申し上げます。

このような時期にブログを更新することにつきましては少し迷いがあったのですが、私共は大きな被害のあるわけではない東京におり、これまで通りの営業を続けて少しでも日本経済を回し続けていくことこそが今できる最大の被災地及び国全体への貢献の1つであると考えます。
このことを念頭に置き、ブログも通常通り更新させていただくこととします。

経済活動まであちこちで自粛したら日本全体がしぼんでしまいますからね!
むやみな自粛はある意味地震による別の面での被害を自分達で拡大することになってしまいます。
被害がない分には、今できることを一生懸命していきたく思います。

関東地方ではとうとう計画停電が実行され始めましたね。
そして静岡では15日の夜に震度6強の揺れが起きています。
静岡の友人の中には、水道が止まってしまったという人もいました。

そこで今回は、入浴できなくなってしまった時のための洗髪方法を探ってみました。
シャンプー売りなのにシャンプーを使わない方法を載せるというのもおかしいかもしれませんが、1人でも多くの方の髪と頭皮の環境をなるべく良い方向に持っていくことが美容メーカーとしての使命かと思いますので、気にせず載せていきます!
市販のドライシャンプーがあればそれに越したことはないかもしれませんが、必ずしも誰もがそのようなものを持っているとは限りませんので(そもそもそれをお薦めしてしまったらこの記事の意味がなくなってしまいます…!)、市販のものを使わない方法をご紹介します。


1. 重曹を使う

エコ志向の方の間ではおそらくおなじみの重曹。
正式には炭酸水素ナトリウムのことを指します。
掃除や消臭剤、入浴剤としてなど、かなり使い道が多いのですが、ドライシャンプーとしても応用できるようです。
頭皮に適量をふりかけて頭皮の汚れを落とすようにマッサージした後、タオルなどを使って振り落とします。
髪を洗うというよりは頭皮を洗うイメージですね。

2. 卵白を使う

ヨーロッパでは病院で洗髪できない入院患者の方が使う方法だそうです。
メレンゲ状になるまで泡立てた卵白を髪と頭皮につけ、乾いたらブラッシングします。

3. マウスウォッシュを使う

アルコール分の入ったマウスウォッシュまたはアルコールを水で薄めたものを頭皮にふりかけます。
または、ブラシにマウスウォッシュなどをしみこませたガーゼやコットンをさしてブラッシングします。


どちらも多少ものを用意しなければならず、今回の地震での被害が大きい被災地の方がすぐに使えるような方法ではありませんが、頭の片隅に入れておいてみていただけたらと思います。
水道やガスが使えない時などの非常時だけでなく、例えばカゼを引いて入浴ができない時などにもお使いいただけることと思います。
また、上記の方法はどうしてもどちらかというと頭皮を洗う方法になっておりますが、髪の汚れはブラシさえあればブラッシングで大半の汚れを落とすことができます。

ここまでつらつらと書いておいてこんなことを申し上げるのもなんですが、今回の地震がらみでこの方法を使う必要がなるべくないことを願うばかりです。

重ねてにはなりますが、被災地におけましての一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by hcpluspro | 2011-03-17 13:47 | その他